111.jpg (7299 バイト)

登 山 情 報

TOP 今日の谷川岳 センター情報 登山コース 周辺山岳情報
ゆとりの登山 登山道具 緊急時の対処 なんでもQ・A

1.登山道具の選び方

 登山を安全に楽しく行うには、必要な装備をすべて準備し、状況に応じてこれらを使いこなすことが重要です。
 登山用具や服装について選ぶポイントは
1 自分にあったものを選ぶ
 登山の目的にあい自分の体力や技術に適したもの。新規に購入するものは経験者に相談すると良いでしょう。
2 耐久性のあるもの
 山では補充できません。過酷な行動に耐えるものを選びましょう。
3 軽いもの
 中高年になると体力が弱ってきます。持ち物が軽ければそれだけ行動範囲が広がります。
4 使いやすいもの
 単純な操作でどんな条件でも使いこなせるもの。安全を確保し扱いやすいもの

<登山靴>
 登山の基本は荷物を背負って長い時間歩くことです。登山靴は、足を痛めず、疲労をできるだけ小さくする最も大切な装備品です。新製品も多く、山行目的に応じた様々なタイプがあります。荷物が軽く一般的な登山道ではローカットのトレッキングシューズで十分ですが、雪渓や石の多い所ではやや堅めのしっかりした登山靴を選ぶべきでしょう。
 購入する時の注意点は
1 靴下をはき足を入れ、踵と靴の隙間に人差し指が入る大きさのもの
2 靴ひもをしっかり締めたとき、足の指が前に触れず自由に動くこと
3 歩いたとき踵が靴の中で浮かないこと
4 足を包むようなフィット感があり、平均して締まること
5 低山でも安全と疲労防止のため、足首まであるタイプの軽登山靴がよいでしょう。

<服装と装備>
 
服装は身体を動かしやすく、保温性の良い素材を選びます。外側に着る物は丈夫で軽く、防水性や防風性が要求されます。体温の調整がしやすく、着替えも容易に出来るものを選びましょう。下着は吸湿性と保温性に優れている素材のもので、着替えは濡らさないようにビニール袋などの防水袋に入れておきます。

 @上着
 風を防ぎ、防水されているものと通気性のある衣類の組み合わせが理想的です。夏山ではナイロンジャンパーでも十分ですが、気温の低くなる時期では、フリースと蒸れない新素材(ゴアテックスなど)のジャケットの組み合わせが効果的です。

 Aシャツ
 夏山の好天時などで汗を多くかくときは、純綿のTシャツやニットの半袖シャツでも良いでしょう。しかし、一日の中で気温差のある高山や他の季節では、保温性に優れ汗をかいたり雨に濡れても冷たく感じないウール、またはオーロンなどの素材(化学繊維)の長袖が良いでしょう。

 Bズボン
 動きが良く歩き易さが大切です。膝の動きが楽なニッカーボッカーやウール地で伸縮する長ズボン、軽くて保湿性のある新素材のパンツが良いでしょう。真夏のショートパンツは快適ですが怪我をし易く、足を冷やしたり日焼けなどで適当ではありません。

 C肌着
 汗による不快感や冷たさの少ない新素材の優れた肌着があります。夏であれば同質のTシャツやポロシャツ、その他の季節には寒さを防ぐため長袖とズボン下を用意しましょう。

 D雨具
山の天候は変化が激しいので、好天が予想される日帰りの山行でも雨具は必ず持っていって下さい。
 スーツ型はジャケットとパンツに分かれているため、ルックザックを背負っても手足が動かし易く、防寒や防風にも使えます。ジャケットはやや大きめ、ズボンは腰や膝の動かし易いもので、素材は優れた防水性と透湿性を兼ね備える新素材(ゴアテックスなど)のものが良いでしょう。ルックザックには防水カバーをつけます。
 ポンチョ型はルックザックも一緒にかぶれる簡便なもので、夏の暑い時でも風通しがよいので蒸れません。藪や岩場では引っかけやすく手足の動きが不自由で、風があるとめくれるのが欠点です。下半身を濡らさないようにスーツ型のパンツを併用すると良いでしょう。

 Eルックザック
 大きさは登山の目的、期間により異なります。肩幅と背負いベルトなど自分の身体にあったサイズを選びましょう。
 日帰り登山では20〜30gの大きさ、小屋泊まりでは30〜40gの大きさで、背面と背負いベルトに柔らかいパットが入りウエストベルト付きが良いでしょう。テント利用の登山では50〜6gの大きさで、テント、マット、寝袋、炊事用具、食糧などの共同装備を分担して携行します。

 F医薬品
 携行する医薬品は、自分が使い慣れたものが一番です。登山だからといって特別なものは必要ありませんが、ガーゼ付きの絆創膏は大・中・小用意しましょう。幅広の伸縮するテーピング用テープは靴擦れ防止や、捻挫・骨折の固定など使い道が多く便利です。また、医薬品はビニール袋などに入れ防水対策を忘れずに。

内服薬 外用薬 包帯材料 ハサミ類
鎮痛剤

健胃剤

下痢止め

抗ヒスタミン剤

 

ヨード系の消毒薬

軟膏類

巻軸帯

ガーゼ

ガーゼ付絆創膏

幅広の絆創膏

脱脂綿

さらし

ハサミ

爪切り

ピンセット

安全ピン

体温計

 


<登山に適した食糧>
 
入山から下山までの体力を維持させることと、激しい運動の後で食べることの楽しみを満たしてくれるものが必要です。10kgの荷物を背負っての登山では3,000キロカロリーのエネルギーが必要です。そのほか食糧としての条件は
 1 調理が簡単で手間のかからないもの
 2 傷みにくいもの
 3 軽くてかさばらず持ち運びが便利なもの
 4 消化吸収が良く栄養のバランスがよいもの
 5 疲れていても食べられるもの

 緊急時の食糧として
 1 予備食は、行動計画よりも日程が延びることを予測して3日毎に1〜2食余分に用意します。
 2 非常食は、日帰り登山であっても予測できない事態に遭遇する事があります。どんなに自分が疲れていても食べられることが第一条件です。
 消化吸収し易く高エネルギーのもの、保存できるもの、例えば蜂蜜、コンデンスミルク、サラミ、クラッカー、甘納豆、ようかん、チョコレート、チーズなどです。

▲ページのTOPへ

<参考文献>
 ・ゆとりの登山〜中高年安全登山ガイドブック〜(群馬県・群馬県山岳連盟)