111.jpg (7299 バイト)

今日の谷川岳

TOP 今日の谷川岳 センター情報 登山コース 周辺山岳情報
ゆとりの登山 登山道具 緊急時の対処 なんでもQ・A

○今日の谷川岳

11月13日 (火)    雨   センター前 9℃ (5時)

土合は霧雨が降り路面が濡れています。

谷川岳ロープウェイ及び観光リフトは年次点検のため一時運休となります。
平成30年11月15日(木)〜11月22日(木)までの8日間

肩ノ小屋の営業は終了しています。避難小屋として利用可能ですが売店などは閉鎖されており水なども購入できません。トイレも使用できません。

12本爪アイゼンやピッケルなどの装備はまだ不要ですが雪でも対応できる防寒装備が必要です。木道や岩場は薄く積雪、凍結している可能性もあります。スリップ注意!軽アイゼンやチェーンスパイクを持っていると安心です。  

ベースプラザまで道路に積雪はありませんが早朝などは濡れた路面が凍結する恐れもあります。

10月16日に湯檜曽川沿いの新道、幽ノ沢出合付近で熊に襲われ骨折の重症を負った方がいます。クマが何がを食べていたようで人間に気づいたらすく向かったきたそうです。時間帯は朝6時。人気のない状況や朝晩の時間帯などならべく早く気が付けるよう、また気づいてもらえるように注意しましょう。距離が近いほど熊もパニックになる可能性が高いと思われます。

今年は過去3年の記録と比較して遭難者(救助要請)の数が約4〜5割も増大しています。
発生原因は様々ですが、転滑落や発病などで重傷事例も多く、体調、装備、計画を整え無理のない登山を楽しんで下さい。

日照時間が短くなっています。朝は5時半頃頃から明るくなり始め、夕方5時には登山道は暗闇です。日帰りでもヘッドランプが必要です。冷え込みも厳しくなってきました。道間違い、怪我などで下山が遅れた場合、行動不能になり低体温症になる可能性があります。

清水峠の水場はJR巡視小屋の建物裏の斜面(七つ小屋山側)を2m位降りた所に小屋に引いた沢水のオーバーフローがパイプから出ています。(7月31日確認、取水可)

登山道の崩壊が激しかった旧道武能沢、鉄砲尾根付近の沢は補修を行いだいぶ歩きやすくなりました。しかし踏み外せば滑落する場所に変わりはないので慎重に通行して下さい。

谷川温泉から二俣へ向う登山口から2つ目の沢が上部から大きく崩落し登山道も崩れています
再崩落の可能性が高く危険な状態。いわお新道や中ゴー尾根なども通行は控えて下さい。

保登野沢コースは土砂崩れにより登山道が崩落している所があり、大変危険ですのでコースを熟知しているベテラン以外の方の利用は控えて下さい。