111.jpg (7299 バイト)

今日の谷川岳

TOP 今日の谷川岳 センター情報 登山コース 周辺山岳情報
ゆとりの登山 登山道具 緊急時の対処 なんでもQ・A

○今日の谷川岳

7月 17日 (火)   晴れ  センター前 26℃(18時)

今日も暑い1日となりました。

土日の2日間で4件の熱中症による救急要請があり、ヘリも2回出動しています。

炎天下の登山ではスポーツドリンクだけではミネラル(ナトリウム、カルシウム等)不足になるようです。食欲が出なくても塩分、行動食を摂り熱中症を予防して下さい。
最低でも2Lは水分を持つようにして下さい。 帽子と日焼け止めも忘れずに。

涼しい朝のうちに登山を開始すれば熱中症になりにくく、また早めの下山を心がける事で、この時期によくある夕立、落雷も避ける事にもつながります。

最近、一ノ倉沢など、群馬県谷川岳遭難防止条例に基づく「危険地区」に一般コース用の登山カードで入山する違反者が増えています。危険地区に入る場合は事前に届出が義務づけられています(日本山岳スポーツクライミング協会、または日本勤労者山岳連盟所属の山岳会を除く)ので厳守して下さい。不明の方は当センターまでお問合せ下さい。

一ノ倉沢テールリッジの取付き場所の雪渓にシュルンドが出来始めています。ご注意下さい。

茂倉岳避難小屋の水場は利用可能。朝日岳の水場も取水可。大障子避難小屋の水場も取水可能でリボンテープ先に水場あり。

清水峠の水場はJR巡視小屋の建物裏の斜面(七つ小屋山側)を2m位降りた所に小屋に引いた沢水のオーバーフローがパイプから出ています。

旧道武能沢付近は崩壊地のトラバースが連続し通行注意!登山者が少ない割に芝倉沢〜武能沢間で熊の目撃情報も多く旧道周辺に居ついているようです。
清水峠や蓬峠へは新道を利用をお勧めします。

厳剛新道は鎖場下部の涸れ沢と西黒合流手前に崩壊地があり通過は慎重を要します。 

谷川温泉の登山口から2つ目の沢が上部から大きく崩落し登山道も崩れています。
再崩落の可能性が高く危険な状態。いわお新道や中ゴー尾根なども通行は控えて下さい。
ヤマビルも多く生息しています。

稜線ではニッコウキスゲ、クガイソウ、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、コバイケイソウ、ハクサンチドリ、ジョウシュウオニアザミ、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロなど多くの高山植物が開花しています