111.jpg (7299 バイト)

登 山 情 報

TOP 今日の谷川岳 センター情報 登山コース 周辺山岳情報
ゆとりの登山 登山道具 緊急時の対処 なんでもQ・A

○山での緊急対策
 
山岳遭難の原因を調べてみると、転落、滑落が一番多く、次いで道に迷う、病気や疲労などとなっています。その多くは正しい知識と技術、十分な装備、慎重な行動など、登山者自身によって防げるものです。山岳遭難を防ぐため、危険を回避する知恵や技術を身に付けましょう。

 (1)無理な計画と日没
 一晩中車を運転し、早朝登山口に着きそのまま歩き始める。朝の出発が遅く、目的地に暗くなってから到着する。このような行動は、はじめから大きな危険を含んでいます。十分に休養と睡眠をとり、一日の行動も余裕を持つことが必要です。

 
(2)転落、滑落
 転落や滑落は、岩場、雪渓、ガレ場、草付きの斜面などで多く発生しています。特に雨に濡れているときは注意が必要です。また、登りよりも下山時に多く事故が発生しています。下りは疲れや気のゆるみが出やすくなります、気を引き締めて下山しましょう。

 
(3)道に迷う
 道に迷わないために、自分の登る山の特徴、コースの状況、コースタイムなど山の情報を、リーダーだけでなく一人一人が把握しておくことが大切です。地図を持ち常に自分の現在位置を確認しておきましょう。
 道に迷ったと思ったら、道標などで確認できる位置まで戻ることです。安易に先に進む、むやみに歩き回る、谷へ下降するなどの行動は危険です。

 (4)天候の急変
 山の天気は変わりやすく、悪天候の時は非常に厳しい状況になります。遭難多くはこのような悪天候の時に発生しています。
 夏場で雷の接近を感じたら、速やかに稜線から外れた低い地点に移動し、身体を低くして遠ざかるのを待ちましょう。大きな木の下への避難は危険です。
 春や秋、標高の高い山では雨がみぞれに変わる事があります。体温が低下し身体が動かなくなると疲労凍死の危険が生じます。この様なときはすぐに行動を中止し、風の当たらない安全な場所に引き返すことです。近くに山小屋がある場合は速やかに避難しましょう。
 荒天が予想される場合、登山は計画を変更するか中止すべきです。計画どおりに山頂に行けなくても、それは失敗ではなく楽しみを先に延ばしたと考えましょう。

○事故を起こしたら・・・
 まず、落ち着くことです。特にリーダーは事故の状況を冷静に把握し、他のメンバーの安全を確保してから、パーティーとして何が出来るか、何をすべきか判断し素早く行動することです。メンバーは必ずリーダーの指示に従い、勝手な行動をとっては行けません。負傷や病気の応急処置を行い、自分たちだけで搬送、救出が無理と判断したら、できるだけ早く近くの山小屋などへ救助の依頼をします。
 この時、できれば連絡は口頭ではなく、
 @事故の発生した場所、時刻
 A事故の内容、事故者の状態
 B事故者氏名、年令、連絡先
 C他のメンバーの状況と行動予定
 など、メモにして渡し状況が正確に伝わるようにしてください。

 小さな事故がその後の対応を誤ることによって大きな遭難につながることがあります。決して無理をせず慎重に行動してください。
 携帯電話で救助を要請する場合も、要件を落ち着いて伝えてください。また、緊急連絡先等はメンバー全員が必ず把握しておいてください。

○自分を知らせる手段・・・ 
 遭難して動けない時、救助を求めるために相手に自分の存在を知らせる必要があります。
 @黄色や赤の目立つ色のものを大きく振る。(雨具やテントなど、夜間はライトで)
 A火を燃やして煙を出す。(周辺に火が移らないよう注意してください)
 B万国共通救援信号(1分間隔で繰り返し信号を送る)
  救援 :   ○○○○○○   休止   ○○○○○○
          (  1分  )  ( 1分 )  (  1分  )

  応答 :   ○ ○ ○      休止    ○ ○ ○
          (  1分  )  ( 1分 )  (  1分  )

▲ページのTOPへ