111.jpg (7299 バイト)

群馬県谷川岳遭難防止条例について

TOP

○群馬県谷川岳遭難防止条例

1 条例制定の主旨

 谷川岳はその独特の山容から年間を通じて多くの登山者が訪れ、中でも一ノ倉岳を中心とする急峻な岩場地帯には、滑落の危険にもかかわらず、登坂成功の喜びと達成感を得るため、多くのクライマーが果敢に挑戦しています。
 遭難防止条例が制定された昭和41年までには455人にのぼる登山者が、尊い命を落とし、特に昭和41年には37人もの命が失われています。
 この当時の登山者には、登山経験が未熟なうえ、十分な登山計画や山岳装備を持たずに入山するケースが多く、また天候の急変など様々な原因が影響し、遭難事故に至っています。
 このため、これらの不慮の事故発生を防止し、かけがえのない尊い命を守るため、群馬県谷川岳遭難防止条例が制定されました。
 この条例では、特に死亡事故の発生数が多い、一ノ倉岳から南面の山域を登山危険地区と位置づけ、ここへ入山する登山者に対し、登山届け、又は登山計画書の提出を義務づけることにより、遭難事故を未然に防止し、登山に対する心構えと、安全啓発を行うことを目的としています。

 ○群馬県谷川岳遭難防止条例
  (リンク群馬県ホームページ  Word(26.5KB) )

 

2 危険地区の範囲について(条例第二条)

 3月1日から11月30日までの間に、下図の谷川岳の危険地区内を登山する方は、登山届け又は登山計画書の提出が必要になります。
(一般コース登山者は登山カードを提出してください。)

 なお、「冬山の期間」(12月1日〜2月末までの間)は危険ですので、危険地区内の登山はしないように努めて下さい(条例第六条)。

 ◎危険地区:オレンジ色で囲まれた区域内

kikenn.gif (33331 バイト)

 

3 登山届の提出について(条例第八条)

(1) 「冬山の期間」を除く期間内に危険地区に登山する方は、少なくとも次に掲げる事項を記載した登山届けを2通作成し、登山しようとする日の10日前までに、谷川岳登山指導センターへ提出してください。

 @住所、氏名、性別、及び年令
 A山岳団体に所属している場合はその団体名
 B登山歴
 C行程及び日程
 D装備及び食糧
 E非常時の連絡先

 ○登山届様式 ダウロードはこちら

   

(2)谷川岳登山指導センターで受理された登山届は、必要と認める指示事項があるときはこれを記載して、登山届出済の印を押し、届出者に1通交付します。

(3)交付された登山届は、登山指導員から提示を求められる場合がありますので、登山中常に携帯してください。
 

 

4 登山届に代わる登山計画書の提出について(条例第十条)

 山岳団体の連合会であって、都道府県の区域を単位として組織されている「社団法人日本山岳協会(昭和四十二年五月二十八日に社団法人日本山岳協会という名称で設立された法人をいう)または日本勤労者山岳連盟」に所属する団体の会員であって、その団体又はその代表者から、登山の技術、経験等に関し、特に証明書を交付された方は、登山届に代えて、登山計画書1通を登山しようとする日までに提出することができます。

 ○登山計画書様式  ダウンロードはこちら

 

5 危険時の登山の一時的禁止について

 天候が著しく悪い場合、気象の激変が予想される場合、又はなだれ・落石等の発生する恐れがある場合に、登山することが著しく危険であると認められる場合は、日又は時間を定めて、危険地区の全部又は一部を指定して、登山を禁止する事があります。
 毎年、融雪期にあたる3月末から5月中旬にかけて、気温の上昇による雪崩の発生が予想されるため、危険地区の登山を禁止しています。この時期に登山を計画している方は、禁止措置が解除される日をご確認下さい。


  平成  年の禁止期間及び禁止地区

  危険地区全域
   ・平成  年 月  日( )〜平成  年 月 日( )まで
 
 

 

▲ページのTOPへ